FC2ブログ

リアルタイム株価ニュース

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3カ月後、日経平均は2000円上がる?


 最近の株価下落は一時的なもので、3カ月後の日経平均は2000円ほど上昇している――。野村證券の調査では、米国のサブプライムローン問題(低所得者向け住宅ローン)以前の水準まで回復しているのではないか、と予測する個人投資家が多かった。

 野村證券金融経済研究所は9月5日、個人投資家を対象にしたアンケート調査を発表した。インターネットによる調査で、株式投資経験がある個人投資家1000人が回答。調査期間は8月22日~8月23日まで。

●3カ月後の株価は上昇を予測、しかし様子見

 8月21日の日経平均1万5901円に対し3カ月後の株価見通しは、「2000円程度」の回答が最も多く35.6%、次いで「1000円程度」が32.4%で、「下落」と回答した人は17.2%だった。


[PR] 『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』


日経平均が1万8000円の水準まで回復する理由として、「国内景気や企業収益などファンダメンタルズ(経済活動の基礎的な要因、経済成長率や物価上昇率など)は堅調に推移」「世界的な株価下落や急激な為替変動といった金融・資本市場の混乱は一時的なもの」「株価はファンダメンタルズを反映して上昇する」といった意見が多かった。

 前回(8月)の調査では、今後3カ月の売買銘柄数を増やしたいと回答した人は32.6%だったが、今回は28.2%に減少。このほか投資金額、売買頻度、保有銘柄数、いずれも前回の調査と比べ減少した。多くの人が株価は上昇すると予想しているものの、実際の取引は様子見ムードが漂っているようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ku25.blog111.fc2.com/tb.php/663-8e0940e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。